首痛だけじゃない!様々なむち打ちの種類と痛み

2019年10月2日

首痛だけじゃない!様々なむち打ち症の種類と症状

交通事故で引き起こされる「むち打ち症」には、いくつかの種類があります。

『頸椎捻挫型』

むち打ち症の大部分、およそ7~8割がこの頸椎捻挫型にあたります。
追突事故や急停車などで首に大きな負荷がかかることで起きる、“首の捻挫”です。
頸椎のまわりの筋肉やじん帯、軟部組織に損傷が多く見られます。

~主な症状~
・首の痛み
・肩の痛み
・首や肩周辺のこり
・背中や胸にかけての痛み
・背中のこり
・頭痛
・手のしびれ  など

『神経根症状型』

事故の衝撃により、特に首の神経根にダメージを受けた場合に起こります。
背骨の神経が首のしなりより大きく引き伸ばされたり、圧迫されることで神経伝達が阻害され、しびれや力が入らないなどの症状が現れます。

~主な症状~
・首の痛み
・手足や腕の痛みやしびれ
・後頭部の痛み
・倦怠感や脱力感
・顔面痛  など

『バレー・ルー症状型』

首の神経が傷付き、後頚部交感神経が刺激されて起こることから「後頚部交感神経症候群」とも呼ばれます。
血液や分泌液を管理している交感神経がダメージを受けることで、耳鳴りや全身の倦怠感など、事故とは関係のない部分や全身に症状が出るのが特徴です。

~主な症状~
・首の痛み
・頭痛や後頭部の痛み
・めまい
・耳鳴りや難聴
・目のちらつきや眼精疲労
・吐き気
・全身の倦怠感
・息苦しさ  など

『脊髄症状型』

脊髄まで傷付いてしまう重症なケースです。
下肢に伸びている神経が損傷されることで、下肢のしびれや歩行障害へと進行してしまいます。

~主な症状~
・下肢のしびれ
・歩行障害
・知覚障害
・尿や便が出にくい  など

『脳脊髄液減少型』

事故の強い外傷によって脳と脊髄のまわりを満たす髄液が漏れ出て髄液が減少してしまうことがあります。
髄液が少なくなり脳が正常の位置からずれてしまう結果、脳の血管や硬膜が刺激されて頭痛などの症状が誘発されます。

~主な症状~
・頭痛をはじめ全身の痛み
・聴力、視力、味覚障害
・血圧障害
・記憶力の低下
・不眠
・うつ症状  など

 

「むち打ち」と聞くと首の痛みをまず思い浮かべると思いますが、実はむち打ちの症状は単純に首の痛みだけで終わらないことが多々あるのです。
そして治療が遅れれば遅れるほど、重い症状に悩まされるリスクが高くなります。
このような症状の多さからも、やはりむち打ち症は軽視することはできないものであることが分かります。

むち打ちの原因はレントゲンでは分からない!?

2019年09月19日

むち打ちの原因は何でわかる?

おはようございます。江戸川区船堀交通事故むちうち.comの院長:丸山です。先日保育園で自転車同士の衝突事故を起こしてしまいました。幸い怪我はお互いなかったですが、私の自転車の前輪は残念ながら交換となりました。。。
十分気をつけても起こるのですね。皆様もお気をつけくださいませ。

むち打ちって何?

交通事故に遭うと、「むち打ち」になったという話をよく聞きますよね。

よく耳にするこのむち打ちとは、車の追突や急停車などの衝撃により、首が鞭(むち)のように不自然な形でしなってじん帯や関節、筋肉などを痛めた状態のことを言います。

むち打ちは正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」をはじめ、「頸部挫傷」「外傷性頚部症候群」などがいわゆる(むち打ち症)と呼ばれるものになります。

 

むち打ちはどのような時に起こるの?

交通事故の中でも特に追突事故では、後ろから急に追突されることで首の骨(頸椎)や腰椎がS字型にしなりやすく、むち打ちの症状が現れやすい種類の事故と言えるでしょう。

もちろん、横からの追突や身体が振られるほどの急停車をした場合などにもむち打ち症は起こります。
交通事故でよくあるむち打ち症ですが、実は痛みの原因が分かりにくいという一面を持っています。

 

事故後の検査でレントゲンを撮っても、骨の異常は分かるものの筋肉やじん帯、神経の異常までは確認できず、痛みの原因が特定されないということは珍しくありません。

 

このようなケースではとりあえず痛み止めなどの薬を処方されて様子を見る、という対応をされることも多くあります。

そしてこれが交通事故後の身体の痛みや不調を悪化させてしまう一つの要因でもあるのです。

ケーススタディでご紹介します

例えば…
軽い衝突事故を起こし、その時には痛みなどは感じられなかったものの、数日後に首のあたりが痛み出したので病院でレントゲンを撮ってもらったが特に異常は見られないと言われ、様子を見ることに。

しかし首周辺の痛みはなかなか良くならず、だんだんと日常生活にも支障が出るほどになった。

再度病院で診てもらったもののやはり原因は特定できず、薬を処方されるだけ。
痛み止めを飲みながらの生活は痛みとともにストレスも増えていった。
このような相談は、当院でも珍しくありません。
交通事故後にきちんと病院に通っても、むち打ちの症状がなかなか良くならず、むしろ悪化してしまうというケースは多いのです。

 

検査で異常がないからと甘くみていると。。。

また、むち打ち程度のケガなら大丈夫、そのうち良くなるなど、むち打ちに対する誤った認識も、事故後の症状や後遺症を悪化させてしまう要因として挙げられるでしょう。
しかしそれは誤解で、交通事故でのむち打ち症こそ、しっかりと対処してきちんと治さなければならないものです。
むち打ち症によって、レントゲンでは見えない部分の筋肉やじん帯、神経にまでダメージを与えている可能性が高いのです。

軽い事故でも想像以上に頸椎や腰椎に負荷がかかってむち打ち症になってしまっていることも多くあります。
やはり、交通事故に遭ってしまった時には、その後の自分の身体を守るための正しい治療を受ける必要があります。
むち打ち症を甘く見てはいけません。

交通事故のケガの痛みは後になって現れる!

2019年08月23日

交通事故のケガの痛みは後で様々な形で現れる!

 

こんばんは。江戸川区船堀交通事故むちうち.comの院長:丸山です。皆様お盆中のお出かけでお車での移動での事故は大丈夫でしたでしょうか?お盆が終わり夏も終わりに近づいていますね。
私が盆休みに車で常磐道の高速を利用した際に事故渋滞横転している車を見かけました。人ごとではないなと背筋が凍りました。。。

交通事故の怪我の特徴とは?

交通事故によるケガは、普段の生活で負うケガと異なる特徴があります。
例えば、重い荷物を持ち上げる際に腰を痛めてしまったり、転んで足を痛める、ぶつけて肩を痛めるなどのケースと違い、交通事故に遭った後は痛みの症状が時間差で現れる、後になってひどくなることがよく起こります。
このことは、必ず覚えておいてほしいことの一つです。

 

交通事故では痛みや違和感、不調などの症状が数日後、数か月後など後になって現れることが少なくありません。
事故の直後は気が動転していたり、身体も突然の衝撃に驚いた状態で、うまく痛みを感知することができないものなのです。

その状態で病院に行っても、正しく痛みの状態を伝えることができなかったり、隠れた痛みの症状を見落としてしまうことになるでしょう。

事故のことが気持ち的にも落ち着いた頃に、急に首が痛み出したり、腰の痛みがひどくなったりします。

治療しないで放置しておくと?

そして交通事故からかなり時間が経ってから身体の不調を感じた場合、それが事故によるものなのか分からずに過ごしてしまう人も非常に多いのです。

原因に思いたることがなく、そのうち治るだろうと痛みや不調を放置して過ごしてしまうと、症状はどんどん悪化してしまいます。

こうして、交通事故によるケガの影響は重症化複雑化しやすいという背景があります。

交通事故に遭った直後は、すぐに病院を受診するケースが多いでしょう。

そこで検査をしたり診断書をもらったりすると思いますが、少しでも痛みやしびれ、違和感などがある場合は、しっかりとその旨を伝えることがとても大切です。
これくらいの痛みなら大丈夫だろうと、自己判断するのは危険です。
些細なことでも、必ず病院などで伝えるようにしてください。

交通事故のケガを軽く考えていると?

交通事故によるケガは数日後に強い痛みに変わる、新たな痛みや違和感が現れる可能性が高いということを忘れてはいけません。

そして、事故に遭ってから時間が経って痛みが出た場合も、必ず病院や治療院などを受診するようにしましょう。

交通事故のケガは、しっかりと治療しないと日常生活に大きなストレスをもたらすものになります。

今まで交通事故に遭われたことのある人は、その影響で現在の身体の痛みや不調が現れてしまっている可能性も十分に考えられます。

軽く済んだ事故でも意外と体には大きな影響が出ている可能性もありますので、交通事故治療について色々と知っておくことは、万が一の時に必ず役に立つはずです。

誰にでも起こりうる、交通事故に備える大切さ

2019年08月5日

誰にでも起こりうる、交通事故に備える大切さ

こんにちは。
江戸川区船堀交通事故むちうち.comの院長:丸山です。
8月に入り、暑い日々がつづいていますね。このブログでは、事故に関する豆知識のお話や、休業のお知らせ等をおこなっていきます。ところで、

あなたは、過去に交通事故に遭った経験はありますか?

交通事故とひとことで言っても、車同士の事故車と自転車の事故歩いている時に自転車に衝突される事故信号待ちをしている時に車にぶつかられてしまう事故運転中に電柱に追突してしまう単独事故など、その種類は様々です。

交通事故は、毎日必ずどこかで起きています。
自分がどれだけ気を付けていても、もらい事故に遭ってしまう場合もあります。

自分は車の運転に自信があるから心配ない、今まで一度も交通事故に遭ったことがないから大丈夫、などという思いから交通事故を起こしたり、巻き込まれてしまうことがあります。
もちろん、誰も好きで交通事故を起こしているわけではありません。

誰にでも遭遇する可能性の高い交通事故だからこそ、万が一の時のために様々な知識を身に付けておくことは、とても大切なことだと伝えたいです。

交通事故に遭うと、ケガを負うだけでなく、目には見えなくても事故をきっかけに身体に何かしらの痛みや不調が生じてしまうことが多くあります。
そして、交通事故の種類が多様にあるように、事故によって生じるケガや身体の痛み、不調の種類も人によって大きく異なります。

例えば…

・歩くのにも支障が出るほどの激痛がある
・身体の動きが悪く仕事や家事に支障が出る
・朝起き上がることができない
・首が回らない
・腰が痛くて辛い
・腕や肩にも違和感がある

などの症状から、

・事故以来手足のしびれを感じるようになった
握力が弱ってしまった
頭痛がするようになった
吐き気やめまいなどの症状に悩まされるようになった

などです。人によって交通事故による症状は、種類も重症度も多種多様です。
様々な症状が同時に発生し、日常生活を苦しめてしまうことも珍しくありません。

交通事故は、あなたの未来の身体の健康を奪ってしまう恐れも十分にあるほど、大変な出来事です。

交通事故に遭ってしまったら、しっかりと治療や対処を行わなければ、事故をきっかけに生活が一変してしまう可能性もあります。外に出る機会がある以上、いつどこで交通事故に遭遇してしまうか分かりません。

今までの交通事故による身体の痛みに悩んでいる人はもちろん、今まで事故に遭った経験がない人も、いつ我が身に起こるか分からない交通事故への対処法や効率の良い治療法などを、ぜひ当HPで知ることができれば幸いです。

1 2