【施術報告】信号待ち中に発生した玉突き事故

2020年04月2日

乗用車の後部座席に乗車中、交差点で信号待ちをしていた際に起きた玉突き事故

・20代女性/会社員/船堀在住
・来院:2020年2月来院
・負傷原因

来院2日前に、乗用車の後部座席に乗車中に、交差点の先頭で信号待ちをしていたところ
自分から2台後方の乗用車が前方不注意で後方の乗用車に衝突し
その後方の車が後方から追突してきて頸部・背部を負傷。(3台絡む玉突き事故)
翌日にクリニックを受診。頸椎捻挫の診断を受け、湿布、痛み止めを処方されるも疼痛が強いのが気になり当院を受診。(レントゲン異常なし、過失割合は相手10:自分0)

・症状

頸部屈曲、伸展、左右側痛、背部倦怠感。

 

・治療と経過

初診時は左側に強く症状がみられ、動作痛もみられたので
初診は軽擦法、揉捏法を用いて施術。筋緊張も広背筋や僧帽筋など主に働く
筋肉の緊張が強くみられたのでホルミークリーム、パイオネックスゼロを使用して終了。
翌日来院時は動作痛はやや残存しているが可動域は前日より良く。特に伸展動作が大幅に改善された。
2・3診目も軽めの手技を行い、2日後の4診目では当初左に出ていた疼痛が右側に出現していた。
右の小胸筋が硬くなっていたので、胸骨のモルフォセラピー、JRCを用いて対応したところ
疼痛の軽減が確認された。その後も2日おきに施術し、8診目には右側の疼痛はみられるものの痛みを感じる頻度としては少なくなっていった。
10診目から脊柱のモルフォセラピーやDRTを行いながら背部の歪みを取り除き
動きの悪くなっていた部位をしっかり動かせるようにしていくと
19診目には頸部の痛みも消失していた。

・考察

もともと肩こりがひどかったとのことであったが
事故後は背部から肩上部の筋緊張がかなり強くみられた。生後2か月の赤ちゃんを抱っこしたりライフスタイルが変わっているのも疲労感や張り感の取り切れない要因であったと思う。
今回はDRTを行ってみたところ背骨が真っすぐになったと言っていただけて
早い段階で症状を緩和することができた。

・使用した主な技・ツボ

JRC(肋椎関節、鎖骨)DRT(背骨矯正)、モルフォセラピー、パイオネックスゼロ(肩井)
No. 7647

【施術報告】駐車場で接触して起きた接触事故

2020年03月2日

外出先の駐車場内で停車中、トランクルームで作業中に発生した接触事故

・30代男性/会社員/船堀在住
・来院:2019年5月来院
・負傷原因

来院12日前に、駐車場でトランクを開けながら荷物整理中に、横に駐車しようとバックしてきた乗用車が接触してきてバランスを崩し頸部・腰部を負傷。
右手で物を持っていたので右母指~右手関節にも疼痛を感じていた。
すぐに病院に行き治療をしていたが右頸部、右下肢に痺れを伴ってきたため
当院と病院を併用しながらの通院を希望し来院した。(レントゲン異常なし)

・症状

頸部伸展、左側屈・回旋痛、右肩関節外転痛、腰部屈曲、伸展痛
右手関節底屈、回外痛、右頸部・右下肢の痺れ、全身倦怠感。

 

・治療と経過

初診時は全身に重だるさがみられ、動作痛も著明にみられたので
初回は軽擦法、揉捏法を用いて施術。
JRCで可動域拡大を行い、倦怠感の影響で筋緊張も強く出現していたためにホルミークリームを使用して終了。
翌日来院時は動作痛は残存しているが全身の倦怠感は軽減していた。
少しずつ調子が良くなっていったので同様の手技を繰り返し
12診目に鍼治療を行うも大きな変化は見られなかったため
首・肩矯正,股関節の調整を行い対応してみたところ動作痛の軽減と可動域の向上が確認された。
来院頻度としては1週間に2~3回の来院頻度で施術。
徐々に全身症状の重だるさはなくなったが、21診目で外出時に右手関節を再負傷。
箸を持ち食事をするときに右手関節~前腕屈筋群の疼痛が目立っていた為
手関節のアライメントを整え、スポーツ活法で手指の矯正を行い
母指球筋の硬さを取り除いたところ疼痛の軽減ができた。
頸部や腰部は使いすぎると症状を感じていたが
辛いときに鍼治療や施術を繰り返していくと使える時間が増えていき状態は改善されていった。
30診目を過ぎたあたりから痺れが弱まり、ピリピリ感じる頻度も減ってきた。
43診目で概ね症状は改善されていた為1月いっぱいで治療終了となった。

・考察

全身症状が強く、来院当初は軽めの手技でもだるさを感じていた。
それほど全身のロック状態が強くなっているのだと説明。
徐々に手技の強さが上がっていき、症状も良くなっているので体の変化を良く感じてもらえた。
鍼治療もやってすぐは効果があるが翌日に強い筋肉痛のようになってしまうことがあったため
置鍼時間を短くし、使用するツボを限定し動作痛の緩和を図ったところ上手くいった。
なかなか自分でセルフケアをする時間が取れないクライアントには矯正が有効であることが再発見できた例であった。今後もよく考え対応したい。

・使用した主な技・ツボ

JRC、首矯正、鍼治療(志室、痞根、光明、列欠)、スポーツ活法(手指、股関節)
No. 2081

【施術報告】停車中に後続車が追突してきて発生した追突事故

2020年02月7日

トラックに乗車中、信号待ちで停車中に後方の乗用車に突っ込まれ発生した追突事故

・40代男性/会社員/松江在住
・来院:2019年11月来院
・負傷原因

来院約1カ月前、トラックに乗車し一般道路で信号待ちをしていたら、後方からワンボックスカーに追突され首・背部を負傷。受傷直後は痛みが少なく、大丈夫かと思っていたが徐々に首に痛みが出現。
痛みが出てきたため病院を受診したが、仕事が忙しくなかなか継続的に通院できず
だんだん背部に痺れが出てきたため自宅近くにある当院を受診した。(レントゲン異常なし)

・症状

頸部屈曲、伸展、側屈、回旋痛、首・背部、右示指(第2指)に痺れが出現。

 

・治療と経過

初診時は首の痛みが強く、頸部は全動作で痛みが左頸部にみられたが
可動域はそこまで悪くなく、事故発生から1ヶ月経過しているので軽擦法などの軽い手技は使わずに従来の手技を行い対応。
C7、Th10~Th12などのズレを感じたためモルフォセラピー、JRCを用いて初回は終了となった。
3日後に再来院した際は、施術後は良かったが、仕事が終わるころには辛くなってくるとのことであった。
手技のベースは変えずにホルミークリームを使い筋緊張を緩和させたのちにパイオネックスを貼り、3日連続での来院で経過をみた。
20日後に5診目の来院があった際は、痛みよりも痺れが出ていたので
疲労部位(臀部、上半身、前腕屈筋群)にマッサージガンを使用、さらに歪みのある首に矯正を用いた。
翌日に来院時には常に感じていた痺れが、仕事の終盤まで感じなくなっていた。
その後9診目までは全体的に調子が良く、たまに右示指にピンポイントで痺れがみられていたが
4回ほどの施術で気にならなくなっていた。
3、4日来院したら2週間ほど通院期間が空いて来院が繰り返しみられたが
15診目には頸部の突っ張り感や仕事後の倦怠感がみられる程度であったため2月をもって終了予定となった。

                                    

・考察

来院当初は症状が強く全ての動作で痛みがみられていたが
施術終了時の動作痛の軽減をよく感じていただけた。仕事が終わってからの来院が多く重量物を持ち上げた後は全体的に疲労からか不調部位もあったがモルフォセラピーを行いながら歪みの状態を伝えながら施術すると調子が良くなっていき、軽い力で症状が取れることを理解してもらうこともできた。
現場仕事のため多忙期だと通院間隔が開いてしまうので忙しくなる前の週に続けて来院していただくように伝え、重量物の持ち方や日常的に行うセルフケアなどを指導したところ少しづつ間が空いても良い状態をキープすることができるようになった。

・使用した主な技・ツボ

モルフォセラピー、JRC、パイオネックス、マッサージガン
No. 7448

【施術報告】助手席に乗車中に信号待ちしている車に追突してしまい発生した衝突事故

2020年01月7日

乗用車の助手席に乗車中、信号待ちで停車している前方の乗用車に突っ込んでしまい発生した追突事故

・30代女性/主婦/松江在住
・来院:2019年12月来院
・負傷原因

受診3日前、乗用車の助手席に乗車し一般道路を走行中、信号待ちで停車している前方の乗用車に突っ込んでしまい首・腰部を負傷。
受傷直後から首が痛く、だんだん腰部に痛みが出現してきたため、病院を受診。レントゲンでの異常は見られなかった。

・症状

頸部屈曲、体幹伸展痛、筋緊張による倦怠感。

 

 

 

 

 

・治療と経過

初診時は首より腰部の痛みが強く、体幹伸展の可動域が悪く筋緊張も著名であった。
しかし、頸椎の歪みもみられ、頸椎・胸椎・腰椎のモルフォセラピーを用いて施術。
施術後は腰部の痛みが軽減しており、可動域も回復がみられた。
翌日2診目の施術時は肩上部の重だるさがあるが、前日よりは調子が良いとのことであった。
施術はモルフォセラピーとJRC、相乗効果を出すためにRP、パイオネックスを使い終了。
全体的な痛みは6診時点で消失しているが肩上部のだるさが夕方になると強くみられた。
その後も首矯正、活法を使い施術していき症状の経過が良好のため12回の治療で通院終了となった。

・考察

子供2人の育児による疲労で夕方になると症状を感じていたが
最初に感じていた腰の痛みも首や背中が原因になり症状が出ていると説明してモルフォセラピーを用いたところ効果を感じてもらえた。
ご自身でも湿布を貼ったり、ストレッチをしたり、セルフケアにも時間を使ってもらえて
素早く結果を出せたのでお互いに納得のいく1カ月間であった。

・使用した主な技・ツボ

モルフォセラピー、JRC、RP、活法(肩井牽引、扇の調整)、パイオネックス
No. 7499

【施術報告】渋滞で減速中、合流車線から入ってきた後続車が追突してきて発生した追突事故

2019年12月12日

乗用車で高速道路を渋滞していたため速度を落として走行中、合流車線から入ってきた車に突っ込まれて発生した追突事故

・40代男性/会社員/船堀在住
・来院:2019年8月来院
・負傷原因

乗用車で高速道路を走行中、渋滞にはまり、減速していたところ、合流車線から入ってきた車に後方から追突されて頸部・背部を負傷。
受傷直後から右C4~C7、背部がズキズキ痛み、すぐに当院を受診した。過失割合は10対0であった。
翌日病院でX-P撮影したが目立つ外傷、異常はみられなかった。

・症状

頸部屈曲、左右側屈痛、安静時痛、体幹伸展痛、筋緊張による倦怠感。

 

 

 

 

 

・治療と経過

初診時は首の痛みが強く熱感、安静時痛が見られたため、アイシングを頸部に使い施術。
頸椎の可動が悪い影響か背部の筋緊張も目立っており、軽擦法、モルフォセラピーを行い初回は終了。
2日後来院時には初回より頸椎の可動は良いが筋緊張は残存しており、しばらく同様の施術を繰り返し行った。
5診目には筋緊張も軽減し、安静時痛は消失したため、アイシングを使用せず対応。
さらにスムーズな可動ができるように頸椎・肋椎関節のJRCで関節可動域回復を図ったところ
頸部の動きも良くなり、背部痛の軽減にも繋がった。
治療開始から1カ月ほど経過した頃に仕事の出張で20日ほど通院間隔が空いた際は背部の緊張も目立っており
JRCの仙腸関節調整(上方可動法)を用い対応。
骨盤周りの調整も有効であり、腰部の緊張緩和も確認でき、すぐに症状も改善された。
その後も目立つ痛みは少なく、12月いっぱいで治療終了となった。

・考察

仕事上、車を運転することが多く長時間の運転時は頸部~背部にかけて倦怠感が強く出現することを
気にしていたが、通院を重ねるごとに負担をかけられるようになり信頼してもらうことができた。
JRCの少ない刺激で関節の可動が広がったことに感動しており気に入ってもらえ
こちらの意見をきちんと組み取ってもらうことができお互いに納得できる効果が出せたのも
3ヶ月ほどで治癒になった要因であると感じた。

・使用した主な技・ツボ

モルフォセラピー、JRC
No. 406

【施術報告】徐行運転中に後続車が追突してきて発生した衝突事故

2019年11月1日

乗用車で一般道を走行中、徐行運転中に後続車が追突してきて発生した衝突事故

・50代女性/会社員/船堀在住
・来院:2019年8月来院
・負傷原因

来院3日前に乗用車で高速道路を走行中、渋滞にはまり、停車していたところ、後方から追突されて頸部・背部を負傷。受傷直後は痛みを感じなかったが、その日自宅で仮眠を取った際に頸部に違和感を感じ、翌日、日常生活中にズキっとした痛みが増してきたため翌々日に当院を受診した。(X-P撮影するとC5-C6が狭くなっているとのこと。過失割合は10対0)

・症状

頸部屈曲、伸展痛と違和感、体幹左右回旋痛、視力低下、左下肢の痺れ。

 

 

 

 

 

・治療と経過

受診当初は首の痛み、背部の筋緊張が目立っており、初回来院時は軽擦法、パイオネックスゼロを貼り様子をみたところ翌日は少し調子が良かった。
仕事で上を向いていると頸部に詰まっているような痛みがあり、スマートフォンを正面に構えて操作していると目が見えにくいとのことであった。
3診目で常にではないが、左下肢に痺れがたまに出現することがあるとのことで左下肢も施術部に入れて対応。
7診目の際にモルフォセラピー、首矯正を行ったところ、終了後に視界がクリアになった。
パイオネックスゼロを0.9mmの鍼のついているものに変えたところ背部の筋緊張も軽減し、頸部の可動域も改善がみられた。
しばらく週5の頻度で通院していたが経過が早い段階で良くなってきたので週3通院にし10月治癒を目標に通院中である。

・考察

もともと、頸部・背部は緊張しやすいとのことであったが、この方は事故後かなり筋緊張が目立っていた。視力の低下を気にされていたが、首矯正終了後の効果を実感していただくことができて気に入ってもらえた。
今後も積極的に行っていこうと思う。

・使用した主な技・ツボ

モルフォセラピー、首矯正、パイオネックス
No. 7280

【施術報告】後続車が追突してきて発生した衝突事故

2019年10月24日

乗用車で一般道を走行中、徐行運転中に後続車が突っ込んできて発生した追突事故

・40代男性/会社員/千葉県在住
・来院:2019年8月来院
・負傷原因

来院約1か月前に乗用車で一般道を走行中、渋滞してきたため徐行で直進していたところ後続車が前方不注意で後方から追突して首・肩を負傷。

(X-P、CT異常なし、過失割合は相手10:自分0)
すぐに整形外科に通院し治療を開始するも、徐々に、背部・腰部にまで痛みの範囲が広がり始めたため当院を受診した。

・症状

頸部屈曲、左回旋痛と違和感。腰部安静時痛、屈曲、左右側屈痛、歩行痛

 

 

・治療と経過

当院初回来院時は受傷直後より頚部・肩の痛みは緩和しているも、右背部・右腰部の疼痛は強く安静時痛もみられていたため、丘墟と上四とくにイオン球とパイオネックスを試したところ安静時痛の緩和が確認された。
全体的に右半身の筋緊張が著明であったため、軽めの手技で対応。終了時に疼痛・可動域が改善されていた。
翌日、2診目の際は、昨日よりは全体的に楽ではあるが腰の痛みは残存しており、右L2にピンポイントで症状を感じていた。
手技のほかにマッサージガンやRPで刺激をして対応。筋緊張がしっかり抜けると動き出しやROMは良好であった。
事故後の特徴でもある、倦怠感や緊張感は治療開始から4週ほどで目立たなくなるも9月中旬に仕事で重い物を持った際に、右腰部に再び痛みが出現。
その際もイオン球やホルミークリームを用いて治療を行い、10日間ほどで疼痛消失となった。
その後は週3回の通院頻度で来院、症状が強い時は鍼を帯脈に刺すと良い効果がみられた。
症状も改善されていき10月末をもって治癒となった。

・考察

体格も良く、筋緊張も強いが、強い手技は苦手なのでイオン球やパイオネックスなどを用いて対応。
鍼治療も効果を実感してもらえ、鍼治療は初めてだったとの事だが交通事故で来院した方にも効果を出せる事を証明できたと思う。

・使用した主な技・ツボ

マッサージガン、イオン球、パイオネックス、RP(丘墟・上四とく・帯脈)
No. 1654

【施術報告】居眠り運転に突っ込まれた追突事故

2019年08月28日

 乗用車で高速道路を走行中、渋滞のため、停車していたところを後続の乗用車が居眠り運転で突っ込んできて発生した追突事故

・50代女性/会社員/船堀在住
・来院:2019年8月来院
・負傷原因

来院3日前に乗用車で高速道路を走行中、渋滞にはまり、停車していたところ、後方から追突されて頸部・背部を負傷。受傷直後は痛みを感じなかったが、その日自宅で仮眠を取った際に頸部に違和感を感じ、翌日、日常生活中にズキっとした痛みが増してきたため翌々日に当院を受診した。(X-P撮影するとC5-C6が狭くなっているとのこと。過失割合は10対0)

・症状

頸部屈曲、伸展痛と違和感、体幹左右回旋痛、視力低下、左下肢の痺れ。

 

 

 

 

 

・治療と経過

受診当初は首の痛み、背部の筋緊張が目立っており、初回来院時は軽擦法、パイオネックスゼロを貼り様子をみたところ翌日は少し調子が良かった。
仕事で上を向いていると頸部に詰まっているような痛みがあり、スマートフォンを正面に構えて操作していると目が見えにくいとのことであった。
3診目で常にではないが、左下肢に痺れがたまに出現することがあるとのことで左下肢も施術部に入れて対応。
7診目の際にモルフォセラピー、首矯正を行ったところ、終了後に視界がクリアになった。
パイオネックスゼロを0.9mmの鍼のついているものに変えたところ背部の筋緊張も軽減し、頸部の可動域も改善がみられた。
しばらく週5の頻度で通院していたが経過が早い段階で良くなってきたので週3通院にし10月治癒を目標に通院中である。

・考察

もともと、頸部・背部は緊張しやすいとのことであったが、この方は事故後かなり筋緊張が目立っていた。視力の低下を気にされていたが、首矯正終了後の効果を実感していただくことができて気に入ってもらえた。
今後も積極的に行っていこうと思う。

・使用した主な技・ツボ

モルフォセラピー、首矯正、パイオネックス
No. 7280

【施術報告】バイクと乗用車の事故

2019年08月8日

バイクで一般道を走行中、自分は直進中で側道に入ろうと左折しようとした乗用車と衝突して発生した衝突事故の症例

30代男性/会社員/埼玉県在住
来院:2019年7月来院

 

・負傷原因:

来院2週間前にバイク(50CC)で一般道を直進中、側道に入るため左折しようとしている乗用車をすり抜けようと
前方に出たところ、乗用車のフロントに右半身が当たり左側に転倒。首を痛め、搬送された病院で処方された薬を服用していたが
痛みが変わらないため当院を受診した。(X-P、CT異常なし、過失割合は相手8:自分2)

 

・症状:

頸部屈曲、伸展、左右回旋痛と違和感、吐き気、痺れ、めまい

 

・治療と経過:

受傷直後は首の痛みよりも、直達外力がかかった右腕の痛みが強くあったが、打撲痛によるものだったのか
1週間ほどで気にならなくなり、だんだん首のモヤっとする感じが強くなってきたとのことであった。
初診時は伸展痛、回旋痛がかなり強く、筋緊張も著明であったため、軽擦法で対応。終了時に可動域、疼痛は改善されていたが
土日の来院が難しいとのことだったのでパイオネックスゼロを貼り終了。
2日空いて、2診目の際は、初回終了時少し重だるさがあったとのことであったが、翌日には緩和し疼痛も軽減していた。
DRTで左の背骨の歪みを調整し、頸部にホルミークリームを塗り様子を診ることにした。
3診目では重だるさはなかったものの、痛みや仕事後の張りは大きく変わりがなかったため、モルフォセラピーと軽擦を合わせて対応。
少し間が空いて4診目であったが調子は良好であったが来院がなかった期間に吐き気がみられた。
そのため、後頭骨の調整や体の土台となる骨盤の矯正を行い経過をみると徐々吐き気等も無くなった。
その後は週3回の頻度で来院し、現在10診目であるがほぼ違和感なしである。仕事がハードな時は症状が辛い時があるので
2ヶ月、3ヶ月での完治を目標に経過観察中である。

 

・考察:

仕事上、重い物を肩に担いで作業するので、担ぐ際の首の角度を意識していただくように指導。
当初は担ぎにくいと言っていたが、骨盤矯正やDRTなどで歪みを調整したところ身体の使い方が変わり、負担が貯まりにくいベースを作ることができたと思う。

 

・使用した主な技・ツボ:

モルフォセラピー、DRT、パイオネックスゼロ、骨盤矯正

No. 7258