【例報告】居眠り運転に突っ込まれた追突事故

2019年08月28日

 乗用車で高速道路を走行中、渋滞のため、停車していたところを後続の乗用車が居眠り運転で突っ込んできて発生した追突事故

・50代女性/会社員/船堀在住
・来院:2019年8月来院
・負傷原因

来院3日前に乗用車で高速道路を走行中、渋滞にはまり、停車していたところ、後方から追突されて頸部・背部を負傷。受傷直後は痛みを感じなかったが、その日自宅で仮眠を取った際に頸部に違和感を感じ、翌日、日常生活中にズキっとした痛みが増してきたため翌々日に当院を受診した。(X-P撮影するとC5-C6が狭くなっているとのこと。過失割合は10対0)

・症状

頸部屈曲、伸展痛と違和感、体幹左右回旋痛、視力低下、左下肢の痺れ。

 

 

 

 

 

・治療と経過

受診当初は首の痛み、背部の筋緊張が目立っており、初回来院時は軽擦法、パイオネックスゼロを貼り様子をみたところ翌日は少し調子が良かった。
仕事で上を向いていると頸部に詰まっているような痛みがあり、スマートフォンを正面に構えて操作していると目が見えにくいとのことであった。
3診目で常にではないが、左下肢に痺れがたまに出現することがあるとのことで左下肢も施術部に入れて対応。
7診目の際にモルフォセラピー、首矯正を行ったところ、終了後に視界がクリアになった。
パイオネックスゼロを0.9mmの鍼のついているものに変えたところ背部の筋緊張も軽減し、頸部の可動域も改善がみられた。
しばらく週5の頻度で通院していたが経過が早い段階で良くなってきたので週3通院にし10月治癒を目標に通院中である。

・考察

もともと、頸部・背部は緊張しやすいとのことであったが、この方は事故後かなり筋緊張が目立っていた。視力の低下を気にされていたが、首矯正終了後の効果を実感していただくことができて気に入ってもらえた。
今後も積極的に行っていこうと思う。

・使用した主な技・ツボ

モルフォセラピー、首矯正、パイオネックス
No. 7280

【例報告】バイクと乗用車の事故

2019年08月8日

バイクで一般道を走行中、自分は直進中で側道に入ろうと左折しようとした乗用車と衝突して発生した衝突事故の症例

30代男性/会社員/埼玉県在住
来院:2019年7月来院

 

・負傷原因:

来院2週間前にバイク(50CC)で一般道を直進中、側道に入るため左折しようとしている乗用車をすり抜けようと
前方に出たところ、乗用車のフロントに右半身が当たり左側に転倒。首を痛め、搬送された病院で処方された薬を服用していたが
痛みが変わらないため当院を受診した。(X-P、CT異常なし、過失割合は相手8:自分2)

 

・症状:

頸部屈曲、伸展、左右回旋痛と違和感、吐き気、痺れ、めまい

 

・治療と経過:

受傷直後は首の痛みよりも、直達外力がかかった右腕の痛みが強くあったが、打撲痛によるものだったのか
1週間ほどで気にならなくなり、だんだん首のモヤっとする感じが強くなってきたとのことであった。
初診時は伸展痛、回旋痛がかなり強く、筋緊張も著明であったため、軽擦法で対応。終了時に可動域、疼痛は改善されていたが
土日の来院が難しいとのことだったのでパイオネックスゼロを貼り終了。
2日空いて、2診目の際は、初回終了時少し重だるさがあったとのことであったが、翌日には緩和し疼痛も軽減していた。
DRTで左の背骨の歪みを調整し、頸部にホルミークリームを塗り様子を診ることにした。
3診目では重だるさはなかったものの、痛みや仕事後の張りは大きく変わりがなかったため、モルフォセラピーと軽擦を合わせて対応。
少し間が空いて4診目であったが調子は良好であったが来院がなかった期間に吐き気がみられた。
そのため、後頭骨の調整や体の土台となる骨盤の矯正を行い経過をみると徐々吐き気等も無くなった。
その後は週3回の頻度で来院し、現在10診目であるがほぼ違和感なしである。仕事がハードな時は症状が辛い時があるので
2ヶ月、3ヶ月での完治を目標に経過観察中である。

 

・考察:

仕事上、重い物を肩に担いで作業するので、担ぐ際の首の角度を意識していただくように指導。
当初は担ぎにくいと言っていたが、骨盤矯正やDRTなどで歪みを調整したところ身体の使い方が変わり、負担が貯まりにくいベースを作ることができたと思う。

 

・使用した主な技・ツボ:

モルフォセラピー、DRT、パイオネックスゼロ、骨盤矯正

No. 7258