もしも事故に遭ってしまったら?

もしも、突然の交通事故に遭ったら…

まずは警察や保険会社に連絡を!

警察や保険会社に電話

人と車を安全な場所に移動、警察と保険会社に連絡。
まず、けが人がいれば二次被害を防ぐためにも車とけが人を安全な場所に移動しましょう。どんな小さな事故であっても、必ず警察と加入している保険会社に連絡します。
「保険会社の連絡先って…」といざとなると思い出せない場合もあります。保険証券には連絡先も載っていますので、常に車に保管しておくのがベストです。
また、当人同士だけで解決しようとする事は絶対に避けるようにします。後々、トラブルになりかねません。相手側がこちらを責めてきても、「ちゃんと保険に入っているので、保険会社と相談したうえで」とはっきり言いましょう。

事故の状況を撮影

交通事故の状況を撮影

交通事故の現場の状況を確認しましょう。
携帯電話などでカメラに収めておくのも重要です。最近ではドライブレコーダーを付けているドライバーの方もいらっしゃるようです。証拠として記録を残しておくのも大切です。事故現場に目撃者がいた場合は、連絡先を交換することもお願いしましょう。
メモなどを使い、事故当時の状況も記憶が薄れないうちに早めに書いておくのもいいでしょう。後から相手側の言っていることが変わってくる可能性もあります。

丁寧な問診で早期回復へ

交通事故治療の丁寧な問診風景

事故の際に受けた衝撃の加わり方や、状況によって治療が異なります。
お一人お一人の状況に合わせた治療で進めていくためにも、まずは丁寧な問診とお体の具合をきちんと確認することから始めます。後遺症の有無や、外傷の程度など、負傷している部分の状況を確認し、治療計画を立てることが、早期回復への第一歩です。
まずは医療機関でレントゲンを撮影してもらい、外科的な手術等あればそちらを優先してください。その後、当院までレントゲン写真をご持参いただければ、リハビリに役立つ情報を確認できます。

オーダーメイドの治療を提供

交通事故治療風景

「むち打ち症」とはどういうものなのでしょうか?
突然起こる事故による予想していない状態での衝撃で、むち打ちは起こります。事前に防御ができなので、頸椎に直接負荷を与えてしまう事で強い炎症を起こし、首の痛みや腕・手のしびれの要因となります。その他にも様々な症状が出てくることもあり、放っておいても良くなりません。
また、事故直後に症状が現れず、病院でも異常なしと診断されることが多いので、違和感を感じたら、すぐに当院までご相談ください

治療終了・お疲れ様

交通事故治療スタッフ

交通事故の治療は、だいたい3か月を目安にお考えください。当院ではお一人お一人の症状や状態、お悩みに合わせたオーダーメイドの施術を行い、その方にとって適切な治療ができるというところも強みです。
丁寧な問診からきちんと原因を見つけ、根本からの回復ができる治療を提供いたします。

また、何年も前のケガの痛みが、現在も続いていて悩まされている方に対しても当院の治療は効果的ですのでお任せください。
後遺症を残さないためにも、一生懸命治療に取り組みます!

医療機関の後は1番最初に当院へお越しください

もしも交通事故に遭ってしまったら

医療機関でのレントゲン写真

思いもよらない事に頭もパニックになってしまいますね。まずは、気持ちを落ち着け冷静に対応しましょう。加害者側、被害者側どちらも、やらなければならない事がたくさんあります。

事故当時は気が動転していたり、あちらこちらに連絡したりと、ご自分のケガの状況など後から気が付くというような事もあります。まずは医療機関でレントゲンを撮ってもらい、精密な検査を受けましょう。医師の診断は後の保険の手続きにも重要になりますので、「これくらい大丈夫だから」「診てもらうのがめんどくさいな」などと放っておかずに、早めに病院へ行きましょう。当院では、病院の転院や併院も大丈夫です。治療費やレントゲンの撮影費の領収書は必ず保管しておいてください。

交通事故によるケガの施術から保険のアドバイスまで、お身体と心のケアの両方をしっかりとサポートしていきますので、ぜひお気軽にご相談ください!

お客様の声

  • 20代女性 江戸川区船堀

    最初は歩くにも痛みがあり治るか不安でしたが、日々丁寧な治療を行っていただき、少しずつ良くなってきました。
    院長先生だけでなく、他の先生方もとても親切で話しやすい方ばかりなので、安心して通うことができます。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。