病院より治療院に通った方がいい人はどんな人?

2020年01月30日

病院より治療院に通った方がいい人とは?

交通事故治療には病院よりも治療院が適していると述べてきましたが、これは病院での交通事故治療を否定するものでは決してありません。

むち打ち症になったら必ず治療院を選べ、と言っているわけではないのです。

病院には、病院の強みや治療の得意分野があります。

そしてその強みや得意分野は病院と治療院では異なる場合が多いので、病院でなかなか治らない症状を治療院で改善できる可能性があるということを知ってほしいのです。

一般的な事故直後は?

特に交通事故直後はまず病院で検査や治療を受ける人が圧倒的に多いため、その後で治療院へ通う、という選択肢を全く知らない人もたくさんいます。

実際に当院の患者さんの中にも、病院に何カ月も通院していたが症状が良くならないので来た、という人が少なくありません。

なぜ痛みが良くならないのに今まで長い期間病院に通っていたかを尋ねると、交通事故のケガは病院で治すものだと思っていた、治療院でも保険がきくとは思わなかった、などの声が聞かれます。

やはり、交通事故のケガを治療院で治していく、ということを知らない人がまだまだたくさんいることを実感してしまいます。

・病院に通っていても事故による痛みなどの症状がなかなか良くならない

・一時的な痛みの改善しか見られない

・病院では毎回同じような治療しか受けられない

・むしろ他の部位まで痛み出すなど症状が悪化している

などの不満がある時には、ぜひ治療院への通院を検討してみてほしいのです。

 

治療院に変更したら?

事故後の通院を病院から治療院に変えることで、痛みがどんどん良くなった、身体が軽くなった、というケースはとても多くあります。

治療を受けているにも関わらずなかなか症状が改善されない時には、やはり自分で決断や行動をして、自分の身体を治すための最善の策を考えましょう。

もうこの痛みは治らないんだ…と諦める前に、交通事故治療を請け負う治療院に相談してみて損はないと思います。

「交通事故治療で治療院に通う」という選択肢を知っているだけでも、貴重な完治のタイミングを逃さずに済むかもしれません。

交通事故治療に関する知識や選択肢を増やすことは、万が一の時に必ず役に立つはずです。

より早く確実に事故後のケガを改善してくれる治療家の条件

2020年01月15日

早く良くしてくれる治療家の条件とは?

病院ではマニュアルに沿った治療が主となることで、痛みの原因が複雑化しやすい交通事故によるケガの治療には、どうしても対応しきれない、痛みがなかなか良くならずに様子を見る対処が続く、というケースが頻繁に起こります。

むち打ち症のように原因が特定しにくい症状には、あらゆる方面からアプローチをして治療をしていくことで、1日も早い痛みの改善が実現するのです。

そこで、患者さんの症状に合わせた治療の提供がしやすい治療院が交通事故治療に適していると述べてきましたが、これには条件があります。

どんな治療家でも原因不明のむち打ち症を治してくれるのかというと、残念ながらそうではありません。

交通事故治療では特に、あらゆる治療法を勉強して身に付けていることや、多くの患者さんを診て経験を積んできた治療家であることが、むち打ち症などの症状を改善できるかどうかの一つの目安となってくるのです。

どんな治療家がいいの?

色々な治療法を身に付けていなければ、患者さん1人1人に合わせた治療の提供はできません。

治療院によっては、マニュアルにとらわれた施術しか行わないところもあります。

これでは病院と変わらず、毎回「様子を見ましょう」と言われて帰されてしまうでしょう。

病院ではなく治療院で交通事故治療を進める最大の目的は、身体の痛みや不調をより確実に、より早く改善することにあるはずです。

それを実現させるのが、マニュアルにとらわれずに患者さんに合わせた治療の提供です。

 

そしてこのようなオーダーメイド方式の治療を行うことができる治療家は、様々な原因に対するアプローチ方法を知っている、多くの治療法を身に付けた治療家ということになります。

ある一定の治療法だけに特化して技術を極めている治療家もいますが、そうするとやはり患者さんに提供できる治療法が偏ってしまい、治る人と治らない人の差が生じてくるでしょう。

“どんな交通事故のケガでも治せる方法”というのは、残念ながらないのです。

治療法が確立されていないむち打ち症などの交通事故によるケガの治療には、あらゆる知識や経験から、その患者さんに合った治療法を組み立てていくことが何より重要です。

そうすることで、より早く、より確実に痛みを取り除くことが可能になります。

このように、事故後にどこの病院や治療院に通うか、どんな先生や治療家に診てもらうかで、未来のあなたの身体の状態は大きく左右されることになります。

ぜひ、交通事故治療を任せる病院や治療院は、真剣に選んでほしいと思います。

交通事故治療に最適な治療院の選び方

2019年12月22日

交通事故治療に最適な治療院の選び方って?

交通事故によるケガの治療には、一般的な病院よりも、整骨院や接骨院などの治療院に通う方が症状の改善が早いということがよくあります。
では、どんな治療院に行っても良いのかというと、そうではありません。

まず覚えておきたいのが、交通事故治療は病院に限定しなくても良いということです。

全然良くならない時には?

いつまでも症状の改善が見られない治療を続ける病院に通うのではなく、他の治療院への通院に変えることを選択肢に入れてください。

交通事故治療=病院、というイメージを持っている人が多いのも、交通事故のケガの痛みや後遺症が長引く人を増やしている一因の一つでしょう。

病院以外でも治療を受けれるの?

交通事故治療は、病院以外でも可能です。

次に、実際に通う治療院の選び方ですが、重要なのは保険適用内の治療をしてくれる治療院を選ぶことです。

病院以外でも保険って効くの?

国家資格を持つ整骨院や接骨院などでは、交通事故治療に対応してくれるところが多いのですが、民間資格の整体やカイロプラクティックなどで施術を受けると、それは保険適用外になってしまうということがあります。

街中で、“交通事故治療対応”という看板を掲げている整骨院や接骨院を目にしたことはありませんか?

注意深く見てみると、交通事故による治療に対応します、交通事故治療もお任せください、などと大きく謳っている治療院を見付けることができると思います。

自分の行きたいと思った治療院が交通事故治療を保険内で行ってくれるかどうかは、通院前に必ず確認するようにしましょう。

また、表の看板等に“交通事故治療対応”などと書かれている治療院の場合、やはり交通事故治療を得意としているかどうかの一つの目安にもなります。

治療院を選ぶポイントは?

交通事故治療では、治療家の豊富な経験なども治療院を選ぶ一つのポイントになってくるため、交通事故治療が得意な、交通事故治療を嫌がらない治療院を探すことも大切です。

交通事故治療を得意としている治療院を選ぶことで、保険適用内で効果的な治療を受けることができるでしょう。

・交通事故治療によるケガの治療は、必ず病院に通わなければならないわけではない
・接骨院や整骨院などの治療院でも交通事故治療が受けられる
・交通事故治療で治療院を選ぶ際は、保険が適用されるか、交通事故治療を得意としているかを見極める

この3つのことは、ぜひ覚えておいてほしいと思います。

交通事故治療は治療院が適している理由 その2

2019年12月8日

なぜむち打ち治療は「はればれ」が適しているのか?

交通事故でのケガでは、骨折などの重症の場合を除き、むち打ち症などの場合は入院などはせずに治療を進めていくケースがほとんどです。
「入院は必要ないけれど安静にしてください」
この指導を守れる人はどれくらいいるでしょうか?
普段の生活がある中で、安静に過ごすというのは容易なことではありませんよね。
病院から家に帰れば仕事や家事など、どうしても身体を使ってしまう人がほとんどでしょう。
自分ではできるだけおとなしく過ごしているつもりでも、やはり知らず知らずのうちに身体に負荷をかけてしまいます。
しかし、これはある程度仕方のないことでもあると思います。

交通事故に遭った方の一般的な過ごし方は?

通院での治療を進めながら普段の生活を送っていくというのは、交通事故に遭ったほとんどの人に求められることでしょう。
その中でできるだけ安静に過ごす方法を考えることも大切ですが、安静期間が終わった後にも待っているのは身体を使う日常生活です。
交通事故に遭った、むち打ち症になったからといって、一生安静に過ごすなんてことは現実的ではありません。
大切なのは、日常生活を送っていく中で、事故で痛めた部分をしっかりとケアすることができるかどうかです。
事故後は首の痛みだけだったのに、普通の生活を送るようになったら他の部位に痛みが出てきたり、首の痛みも良くなったり悪化したりを繰り返す、ということもよくあります。

痛みがぶり返したらどうしたらいいの?

このような時に、しっかりとその時の症状に合ったケアを行ってくれるのが治療院です。
経験したことのある人は分かると思いますが、普通の病院ではなかなか事故後の痛みのケアまでしてくれず、とりあえず安静に、とりあえず湿布で様子を見る、という対処が当たり前だったりします。
これによりいつまで経っても症状が改善しない、むしろ痛みが悪化するなどの不満が生み出されてしまうのです。
交通事故治療の経験が豊富な治療院では、病院では行ってくれないようなケアや提案をします。
はっきりとした原因が分からないことも多い交通事故でのケガでは、経験豊富な治療家がその患者さんに合った治療法を提供してくれるスタイルが交通事故治療の最善の形であると言えると思うのです。
マニュアルにとらわれない、その人の症状や生活スタイルに合った治療を進めることができるのが治療院の魅力です。

交通事故治療は治療院が適している理由 その1

2019年11月26日

なぜむち打ち治療は「はればれ」がいいのか?

交通事故に遭った際には、正しい検査をして正しい治療を受けることがとても重要になります。

では、正しい治療とは一体何なのでしょうか。

正しい検査を受けるには、どうしたら良いのでしょうか。

意外とこれを知らない人が多いので、交通事故での身体の痛みや不調が長引いたり、悪化させてしまう人が後を絶たないのです。

ここで、“正しい治療”に関する間違った認識が多いことを説明しておきましょう。

正しい治療とは何か?

正しい治療とは、簡単に言えば痛みがなくなる、不調が改善する治療のことです。
そんなの病院にきちんと通っていれば当たり前に受けることができると思うかもしれませんが、実はそうではないのが現実です。
むち打ち症をはじめ、交通事故によるケガは原因や患部の特定がされにくいケースがとても多く、レントゲンでははっきりと見ることのできない症状が隠れています。
また、むち打ち症はその複雑さから、これをやれば必ず治る!という治療法が確立されていません。
そのため投薬や理学療法を駆使しても、大きな治療効果が得られないことは珍しくないのです。

一般的にはどうなるの?

交通事故に遭うとほとんどの人がとりあえず近くの病院へ行き、レントゲンを撮って診断書を書いてもらう、という流れを経験するでしょう。
もちろんそれで痛みなどの症状が治れば問題ないのですが、通院を続けてもなかなか良くならない、それどころか痛みがひどくなっているという経験をしている人も大勢います。
これは、正しい検査や正しい治療を受けることができていないと言えます。

ではどうすれば良いのか?

それは自分で正しい治療を受けるために病院を変えることです。

事故後に検査を行った病院にずっと通い続けなければならないという決まりはありません。

一般的な病院ではどうしてもマニュアル的な治療が行われることが多く、むち打ち症などのケガのように千差万別の対処が必要な治療は不向きな一面があります。

大切なのは、事故後の症状をしっかりと治してくれるところを見付けることです。

交通事故治療の知識や経験が豊富な治療院では、1人1人に合った丁寧な治療を受けることができるはずです。

いつまで経っても良くならない、と思いながらもその病院に通い続けているだけではダメなのです。

まとめ

なんとなく一度決めた病院にいつまでも通いがちですが、正しい治療を受けることができないところに通い続けるのは、時間の無駄になるだけでなく結果的に症状を悪化させてしまう恐れもあることを忘れてはいけません。

事故後は正しい検査・正しい治療を受けること!

2019年11月8日

むち打ち事故をしたら必ず、正しい検査・治療を!

交通事故に遭い、しばらく病院や治療院などに通ったにも関わらず、なかなか症状が良くならない、首や腰の痛みが治らないというケースは珍しくありません。

例えば事故によって骨折をしてしまった際は病院に入院をして安静に過ごすことが多いと思いますが、首が痛いという症状だけで入院による安静の措置をとるケースはあまりありません。

そのため十分な安静ができずに、仕事や家事に追われて事故で痛めた部分を無理に使ってしまう人が大勢います。

また、痛みが当初よりもましな状態になると、通院を自己判断でやめてしまう人も多いものです。

安静にしないとどうなるの?

安静にしないといけない時なのに安静にしない、反対に、動かした方が良いのに無駄に安静にしてしまうなど、間違った処置を続けることで交通事故による症状は知らず知らずのうちに悪化してしまいやすいものです。

大したことはないだろうと検査や経過観察などを怠ると、交通事故による身体の痛みや不調は重症化や慢性化につながってしまいます。

前回の記事でも述べた通り、交通事故による症状は後になって現れることがとても多いので、事故から時間が経っていてもきちんと正しい治療を受けることがとても大切なのです。

首が回らない、腕が上がらない、腰が痛いなどの症状は、患者さん本人が気付くことのできる症状です。

通常の検査では見つからない問題点って?

さらに交通事故治療では、自覚のない問題点をしっかりと明らかにすることもとても重要になります。
交通事故では痛みのない部分に損傷や何かしらの問題が起きていることが多く、専門家による丁寧な問診や検査が必要になります。
ここで正しい検査が行われないと、正しい治療を進めることもできません。

交通事故以来どこか身体の調子がおかしく、通院しているのになかなか症状が良くならない、という話をよく耳にします。

当院に来られる患者さんでも、このようなケースはとても多いです。

これは正しい検査が行われていないことで、正しい治療が行われていない可能性があると言えます。

どうしたらしっかり良くなるの?

交通事故治療では、とにかく正しい治療を行うこと、そのために正しい検査を受けることが必要不可欠です。
忙しいからといって安静を怠ったり、自己判断で通院をやめたり、治らない治療をいつまでも続けていては、身体の調子はいつまで経っても良くならないでしょう。

「首」を守ってむち打ち症の痛みを迅速に改善する

2019年10月30日

むち打ち症の痛みを速やかに改善するには?

前回の記事でも少し触れましたが、首は普段から重い頭を支え続けることで大きな負荷がかかりやすく、さらにパソコン作業や長時間のスマートフォン操作などにより、首への負担は増す一方です。

そして交通事故によるむち打ち症では、首が大きなダメージを負った状態です。

この2つの要素が重なってしまうと、むち打ち症が治らない、交通事故後の痛みが改善されないという事態が簡単に起きてしまうことになります。

 

交通事故後の過ごし方とは?

交通事故に遭った後は、ケガの程度にもよりますが、多くの場合が激しい運動はしない、なるべく安静に過ごす、ということになるでしょう。

病院からこのような指導をされた時には、やはりできるだけ安静に生活を送ることで、ケガの治りを早くすることができます。

これを守らず、すぐに普段通りの仕事や家事などで無理をしてしまうと、痛みの症状の悪化を招くことになりかねません。

安静にして陥りやすい罠とは?

しかし、この安静期間中に、ソファーでくつろぎながらひたすらスマートフォンをいじっていたり、何時間もテレビやパソコンを見続けていたらどうでしょう。

確かに身体は休ませることができているかもしれませんが、事故で大きなダメージを負った首を休ませることは到底できていないはずです。

むしろ首への負担は、事故前よりも増加しているかもしれません。

身体の安静ばかりに気を取られていると、首に負担のかかりやすい生活を無意識に送ってしまうというケースがよく見られます。

また、せっかくむち打ち症が治りかけているのに、首への負担を増やすような生活習慣を送ることで、症状の改善が思うようにいかなくなってしまうことも多くあります。

早く回復する考え方とは?

激しい運動をしない、できるだけ安静に過ごす、などの対処と同様に、交通事故に遭った後は首へのケアもしっかりと考えることが、むち打ち症の早期改善への近道です。

もちろん普段から身に付けてほしいものなのですが、交通事故の後にはより一層、首のことを気にかける生活を送ってほしいのです。

特にむち打ち症の痛みは日に日に悪化していくことが多いという特徴からも、事故直後の自覚症状がない時でも、まずは首に負担のかからない行動や姿勢を心がけましょう。

こうした意識で、むち打ち症の悪化を防ぎ、事故による身体への悪影響を最小限に防ぐことにもつながります。

交通事故に遭った後は、できるだけ首に負担のかからない生活を送ることが大切です。

交通事故の首へのダメージが全身の不調につながる理由

2019年10月18日

事故の首への衝撃が全身に影響するって本当?

車同士の追突事故などでは、シートベルトで身体を固定されていることで、どうしてもその衝撃が固定されていない首に集中しやすいという一面があります。
首はもともと重い頭を支える重要な役割を担っていますが、事故の衝撃で頭が大きく振られると、どうしても首が鞭のようにしなってむち打ち症につながってしまいます。
そして、むち打ち症の症状が首の痛みにとどまらず全身に現れてしまうのには、首に多くの重要な神経が通っていることが一因です。
首は頭と身体をつなぐ部分で、たくさんの神経が首を通り、脳へとつながっています。

首に衝撃を受けるとどうなるの?

むち打ち症によって首の筋肉やじん帯、関節包などにダメージが与えられると、この神経の伝達にも影響が出てしまい、めまいや手足のしびれ、だるさ、後頭部の痛みなど、一見首とは無関係と思える部分にまで症状を及ぼします。
また、時には自律神経失調症うつ病パニック障害など、むち打ち症とは関係なさそうな病気につながる恐れもあります。
それほど、首というのは多くの神経が集まっている重要な部分なのです。
また、首は普段から重い頭を支え続けており、これは交通事故でむち打ち症になってしまった後も当然変わらず続きますよね。
むち打ち症の治療はその首への負荷を受けながら進めていかなくてはならないことで、やはり治るまでにどうしても時間がかかりやすい傾向があります。
そのため、たかが首の痛み、たかがむち打ち症などと事故後の首の状態を甘く見ていると、症状は良くなるどころかどんどん悪化してしまうケースもたくさんあるのです。

 

デスクワークに首の衝撃の負担が加わると?

デスクワークや仕事上パソコンと向き合う時間が長い人などは、普段から首に負担のかかりやすい生活を送っています。
同様に首に大きな負担をかけやすい、スマートフォンの画面を長時間見続ける行為には、思い当たる人も多いでしょう。
現代人は普段の生活の中で、首に必要以上の負荷を知らず知らずのうちにかけ続けて生活している人が非常に多いので、むち打ち症の治療も難航しやすい傾向があると言えます。

だからこそ迅速に正しい治療を進めていかないと、交通事故をきっかけに何年も、何十年も、首の痛みと付き合っていかなければならなくなってしまいます。
そして首の痛みは全身のあらゆる不調へとつながっていきます。
交通事故によるケガの影響を受けやすい首の治療には、より真剣に取り組まなければなりません。

首痛だけじゃない!様々なむち打ちの種類と痛み

2019年10月2日

首痛だけじゃない!様々なむち打ち症の種類と症状

交通事故で引き起こされる「むち打ち症」には、いくつかの種類があります。

『頸椎捻挫型』

むち打ち症の大部分、およそ7~8割がこの頸椎捻挫型にあたります。
追突事故や急停車などで首に大きな負荷がかかることで起きる、“首の捻挫”です。
頸椎のまわりの筋肉やじん帯、軟部組織に損傷が多く見られます。

~主な症状~
・首の痛み
・肩の痛み
・首や肩周辺のこり
・背中や胸にかけての痛み
・背中のこり
・頭痛
・手のしびれ  など

『神経根症状型』

事故の衝撃により、特に首の神経根にダメージを受けた場合に起こります。
背骨の神経が首のしなりより大きく引き伸ばされたり、圧迫されることで神経伝達が阻害され、しびれや力が入らないなどの症状が現れます。

~主な症状~
・首の痛み
・手足や腕の痛みやしびれ
・後頭部の痛み
・倦怠感や脱力感
・顔面痛  など

『バレー・ルー症状型』

首の神経が傷付き、後頚部交感神経が刺激されて起こることから「後頚部交感神経症候群」とも呼ばれます。
血液や分泌液を管理している交感神経がダメージを受けることで、耳鳴りや全身の倦怠感など、事故とは関係のない部分や全身に症状が出るのが特徴です。

~主な症状~
・首の痛み
・頭痛や後頭部の痛み
・めまい
・耳鳴りや難聴
・目のちらつきや眼精疲労
・吐き気
・全身の倦怠感
・息苦しさ  など

『脊髄症状型』

脊髄まで傷付いてしまう重症なケースです。
下肢に伸びている神経が損傷されることで、下肢のしびれや歩行障害へと進行してしまいます。

~主な症状~
・下肢のしびれ
・歩行障害
・知覚障害
・尿や便が出にくい  など

『脳脊髄液減少型』

事故の強い外傷によって脳と脊髄のまわりを満たす髄液が漏れ出て髄液が減少してしまうことがあります。
髄液が少なくなり脳が正常の位置からずれてしまう結果、脳の血管や硬膜が刺激されて頭痛などの症状が誘発されます。

~主な症状~
・頭痛をはじめ全身の痛み
・聴力、視力、味覚障害
・血圧障害
・記憶力の低下
・不眠
・うつ症状  など

 

「むち打ち」と聞くと首の痛みをまず思い浮かべると思いますが、実はむち打ちの症状は単純に首の痛みだけで終わらないことが多々あるのです。
そして治療が遅れれば遅れるほど、重い症状に悩まされるリスクが高くなります。
このような症状の多さからも、やはりむち打ち症は軽視することはできないものであることが分かります。

むち打ちの原因はレントゲンでは分からない!?

2019年09月19日

むち打ちの原因は何でわかる?

おはようございます。江戸川区船堀交通事故むちうち.comの院長:丸山です。先日保育園で自転車同士の衝突事故を起こしてしまいました。幸い怪我はお互いなかったですが、私の自転車の前輪は残念ながら交換となりました。。。
十分気をつけても起こるのですね。皆様もお気をつけくださいませ。

むち打ちって何?

交通事故に遭うと、「むち打ち」になったという話をよく聞きますよね。

よく耳にするこのむち打ちとは、車の追突や急停車などの衝撃により、首が鞭(むち)のように不自然な形でしなってじん帯や関節、筋肉などを痛めた状態のことを言います。

むち打ちは正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」をはじめ、「頸部挫傷」「外傷性頚部症候群」などがいわゆる(むち打ち症)と呼ばれるものになります。

 

むち打ちはどのような時に起こるの?

交通事故の中でも特に追突事故では、後ろから急に追突されることで首の骨(頸椎)や腰椎がS字型にしなりやすく、むち打ちの症状が現れやすい種類の事故と言えるでしょう。

もちろん、横からの追突や身体が振られるほどの急停車をした場合などにもむち打ち症は起こります。
交通事故でよくあるむち打ち症ですが、実は痛みの原因が分かりにくいという一面を持っています。

 

事故後の検査でレントゲンを撮っても、骨の異常は分かるものの筋肉やじん帯、神経の異常までは確認できず、痛みの原因が特定されないということは珍しくありません。

 

このようなケースではとりあえず痛み止めなどの薬を処方されて様子を見る、という対応をされることも多くあります。

そしてこれが交通事故後の身体の痛みや不調を悪化させてしまう一つの要因でもあるのです。

ケーススタディでご紹介します

例えば…
軽い衝突事故を起こし、その時には痛みなどは感じられなかったものの、数日後に首のあたりが痛み出したので病院でレントゲンを撮ってもらったが特に異常は見られないと言われ、様子を見ることに。

しかし首周辺の痛みはなかなか良くならず、だんだんと日常生活にも支障が出るほどになった。

再度病院で診てもらったもののやはり原因は特定できず、薬を処方されるだけ。
痛み止めを飲みながらの生活は痛みとともにストレスも増えていった。
このような相談は、当院でも珍しくありません。
交通事故後にきちんと病院に通っても、むち打ちの症状がなかなか良くならず、むしろ悪化してしまうというケースは多いのです。

 

検査で異常がないからと甘くみていると。。。

また、むち打ち程度のケガなら大丈夫、そのうち良くなるなど、むち打ちに対する誤った認識も、事故後の症状や後遺症を悪化させてしまう要因として挙げられるでしょう。
しかしそれは誤解で、交通事故でのむち打ち症こそ、しっかりと対処してきちんと治さなければならないものです。
むち打ち症によって、レントゲンでは見えない部分の筋肉やじん帯、神経にまでダメージを与えている可能性が高いのです。

軽い事故でも想像以上に頸椎や腰椎に負荷がかかってむち打ち症になってしまっていることも多くあります。
やはり、交通事故に遭ってしまった時には、その後の自分の身体を守るための正しい治療を受ける必要があります。
むち打ち症を甘く見てはいけません。

1 2