治療効果を左右する交通事故の不安や悩みを最小限に抑えるために

2020年03月27日

事故後の不安や悩みを抑えるには?

当院では、交通事故に遭われた方の治療にも対応しています。

今までにも多くの患者さんが、交通事故によるケガ、痛み、身体の不調などを訴えて来院されてきました。

交通事故による身体の痛みや不調の場合、例えばスポーツで肩を痛めた、仕事や家事の負担から腰痛がひどくなってきた、などの痛みやこり等のケースとは、大きく異なる部分があります。

交通事故に遭われた患者さんは、身体の痛みに加えて、交通事故特有の精神的な不安や悩み、ストレスを感じています。

どんな悩み?

その不安や悩みの内容は、

・今ある痛みがどうなるのか?

・身体が事故の前の健康な状態にきちんと戻るのか?

・どれくらい通院すれば良いのか?

 

などの交通事故によるケガや痛みなどに対するものはもちろんのこと、

・保険会社とのやり取りでもめている

・事故を起こした相手ともめている

・事故後の対応が正しくできたか分からない

・今後どれくらいお金がかかるのか、どこまで保険がきくのか分からない

・ケガを負わせてしまった相手や壊してしまった物などの心配

・今後怖くて運転することができないかもしれない

などが、患者さんの精神的なストレスを増大させてしまいます。

交通事故後の一般的な考え方とは?

交通事故は、誰にでも起こりうるものである反面、やはり自分は大丈夫だと思いながら過ごしている人が多いことで、いざという時にどうして良いか分からずにパニックになってしまう人も珍しくありません。

事故後のパニック状態で、誤った判断をしてしまうケースも非常に多く耳にします。

過去に交通事故に遭った経験がある人はもちろん、今まで交通事故と無縁で過ごしてきた人も、交通事故に遭った時にどうすれば良いか、という知識をできるだけ多く持っておくことは、本当に大切なことです。

対処法は?

交通事故に遭った時にある程度の知識があれば、事故後のストレスも少なく済み、それが治療効果にも影響を与えます。

交通事故特有の悩みや不安は、一つでも少ない方が、より治療に専念することができ、ケガの早い治癒が望めます。

そのために、いつ自分の身に起こるか分からない交通事故に遭った時の様々な知識を蓄えておいてほしいと思うのです。

当院では専門スタッフもおりますので、気兼ねなく相談して頂き、少しでも早く患者様の穏やかな時間を取り戻して頂きたいと願っております。