交通事故治療は治療院が適している理由 その1

2019年11月26日

なぜむち打ち治療は「はればれ」がいいのか?

交通事故に遭った際には、正しい検査をして正しい治療を受けることがとても重要になります。

では、正しい治療とは一体何なのでしょうか。

正しい検査を受けるには、どうしたら良いのでしょうか。

意外とこれを知らない人が多いので、交通事故での身体の痛みや不調が長引いたり、悪化させてしまう人が後を絶たないのです。

ここで、“正しい治療”に関する間違った認識が多いことを説明しておきましょう。

正しい治療とは何か?

正しい治療とは、簡単に言えば痛みがなくなる、不調が改善する治療のことです。
そんなの病院にきちんと通っていれば当たり前に受けることができると思うかもしれませんが、実はそうではないのが現実です。
むち打ち症をはじめ、交通事故によるケガは原因や患部の特定がされにくいケースがとても多く、レントゲンでははっきりと見ることのできない症状が隠れています。
また、むち打ち症はその複雑さから、これをやれば必ず治る!という治療法が確立されていません。
そのため投薬や理学療法を駆使しても、大きな治療効果が得られないことは珍しくないのです。

一般的にはどうなるの?

交通事故に遭うとほとんどの人がとりあえず近くの病院へ行き、レントゲンを撮って診断書を書いてもらう、という流れを経験するでしょう。
もちろんそれで痛みなどの症状が治れば問題ないのですが、通院を続けてもなかなか良くならない、それどころか痛みがひどくなっているという経験をしている人も大勢います。
これは、正しい検査や正しい治療を受けることができていないと言えます。

ではどうすれば良いのか?

それは自分で正しい治療を受けるために病院を変えることです。

事故後に検査を行った病院にずっと通い続けなければならないという決まりはありません。

一般的な病院ではどうしてもマニュアル的な治療が行われることが多く、むち打ち症などのケガのように千差万別の対処が必要な治療は不向きな一面があります。

大切なのは、事故後の症状をしっかりと治してくれるところを見付けることです。

交通事故治療の知識や経験が豊富な治療院では、1人1人に合った丁寧な治療を受けることができるはずです。

いつまで経っても良くならない、と思いながらもその病院に通い続けているだけではダメなのです。

まとめ

なんとなく一度決めた病院にいつまでも通いがちですが、正しい治療を受けることができないところに通い続けるのは、時間の無駄になるだけでなく結果的に症状を悪化させてしまう恐れもあることを忘れてはいけません。