事故後は正しい検査・正しい治療を受けること!

2019年11月8日

むち打ち事故をしたら必ず、正しい検査・治療を!

交通事故に遭い、しばらく病院や治療院などに通ったにも関わらず、なかなか症状が良くならない、首や腰の痛みが治らないというケースは珍しくありません。

例えば事故によって骨折をしてしまった際は病院に入院をして安静に過ごすことが多いと思いますが、首が痛いという症状だけで入院による安静の措置をとるケースはあまりありません。

そのため十分な安静ができずに、仕事や家事に追われて事故で痛めた部分を無理に使ってしまう人が大勢います。

また、痛みが当初よりもましな状態になると、通院を自己判断でやめてしまう人も多いものです。

安静にしないとどうなるの?

安静にしないといけない時なのに安静にしない、反対に、動かした方が良いのに無駄に安静にしてしまうなど、間違った処置を続けることで交通事故による症状は知らず知らずのうちに悪化してしまいやすいものです。

大したことはないだろうと検査や経過観察などを怠ると、交通事故による身体の痛みや不調は重症化や慢性化につながってしまいます。

前回の記事でも述べた通り、交通事故による症状は後になって現れることがとても多いので、事故から時間が経っていてもきちんと正しい治療を受けることがとても大切なのです。

首が回らない、腕が上がらない、腰が痛いなどの症状は、患者さん本人が気付くことのできる症状です。

通常の検査では見つからない問題点って?

さらに交通事故治療では、自覚のない問題点をしっかりと明らかにすることもとても重要になります。
交通事故では痛みのない部分に損傷や何かしらの問題が起きていることが多く、専門家による丁寧な問診や検査が必要になります。
ここで正しい検査が行われないと、正しい治療を進めることもできません。

交通事故以来どこか身体の調子がおかしく、通院しているのになかなか症状が良くならない、という話をよく耳にします。

当院に来られる患者さんでも、このようなケースはとても多いです。

これは正しい検査が行われていないことで、正しい治療が行われていない可能性があると言えます。

どうしたらしっかり良くなるの?

交通事故治療では、とにかく正しい治療を行うこと、そのために正しい検査を受けることが必要不可欠です。
忙しいからといって安静を怠ったり、自己判断で通院をやめたり、治らない治療をいつまでも続けていては、身体の調子はいつまで経っても良くならないでしょう。